年下の彼氏が欲しい女性の心理状態とは

彼氏が欲しい女性もたくさんいらっしゃると思います。
その際、様々な希望や好みというものもあるでしょう。
中には、年下が良いという方もまたいらっしゃるのではないでしょうか。
一時期、ブーム的にもなりましたのでその数も多いかもしれません。
では、そんな願望を抱く欲しい女性の心理状態という部分に今回は焦点をあてていきましょう。

自分のペースで進めたい

年下の彼氏が欲しい女性の心理状態の1つとして「自分のペースで恋愛を・関係を進めたい」というものが潜んでいる可能性もあるのです。
自分のほうが年上だという事となると、知識や経験もそれなりに豊富になってきます。
その分、自身のペースに持っていきやすいという事も言える部分もあるようです。
圧倒したいというよりも、自由を持っていたいという感覚のほうが強いのではないでしょうか。

癒されたい

甘えられるという事に癒しを感じるタイプであるばあい、年下の彼氏を求めるという傾向もあるのです。
母性本能を刺激されることによって癒しを得るという感覚に近いのでしょう。
こうしたタイプをパートナーに欲しいという女性の場合、女性としての本能的部分が幅を占めているという心理状態であるかもしれません。

穏やかな関係を築きたい

年下の彼氏を欲しい女性の中には、関係を結んだ時に喧嘩などはしたくない。
そう望む心理状態からきているという場合もあるのです。
年の差があるということで、衝突を緩和しやすいという部分もありますし、特に女性のほうが年上だという事で先のような環境を作りやすいという特徴もあるのです。

環境の違いを楽しみたい

年下の彼氏が欲しい女性においては、それぞれの立場から得る話をたくさんして刺激を得たいという方もたくさんいらっしゃいます。
様々な事柄に興味がある・自分の知らない環境について知りたい気持ちが強い場合、このような心理状態になることもあるでしょう。
違いを楽しめるからこその求める気持ちといっても過言では無いでしょう。

歯がゆさもエッセンス

全てのことにおいて、意思疎通がしあえてしまうことを「つまらない」と感じることもあるのではないでしょうか。
分からない部分・理解できない感覚などがあるからこそ、関係として面白いという方も少なくないのです。
このような場合、年の差があったり男性のほうが年齢が下であることによって、大きな衝突もなくその歯がゆさのようなものを楽しめる環境が整いやすいという事もいえるのです。

年下の彼氏が欲しい女性が語る年下男子の可愛い特徴

女性の中でも、年下の彼氏が欲しいという方もいらっしゃるでしょう。
そう願望を抱くには、当然ながら理由があるようです。
では、一体どのような特徴がそこにあるものなのでしょうか。可愛いと感じる・欲しい理由などについて考えていきたいと思います。

甘え上手

年下の彼氏の場合、まず思いつく特徴として「甘えるのが上手い」という事が言えるでしょう。
意図的にしているというよりも、ごくナチュラルにこのような行動をとる男性が多いのです。
多くの女性に母性本能というものがありますから、可愛いとついつい感じて欲しいと思ってしまう理由となっていくのです。

ひたむきな姿

年下の彼氏の中には、年の差を埋めようとひたむきに努力をするという男性もいらっしゃることでしょう。
こうした姿をみると可愛い・欲しいと感じる女性も少なくないのです。
また「頑張っている」という姿に喜びのようなものを感じる場合もあるでしょう。
こうした部分もまた特徴の1つであるといえるのではないでしょうか。

知らないことがあるという事

年齢差というものを悪く捕らえる方もいらっしゃるかもしれませんが、良い部分もたくさんあるのです。
例えば、年の分だけ年下の彼氏というものは「無知」であることも実際にあるようです。
知らないという事がいらだちではなく、可愛いパートナーとして欲しいと感じるシーンも存在しているのです。
女性の中では、こうした感覚が「育てたい」という意識を刺激されるという声もあるのです。
先のような部分においても特徴となってくるでしょう。

時折見せる男らしさ

年下の彼氏だからといって、いつも甘えてばかりではありません。
時折、男らしさや逞しさを見せることもあるのではないでしょうか。
こうしたとき、格好よいですとか頼りがいがあるというよりも、どちらかというと可愛いという気持ちを抱き恋人として欲しい女性も少なくないようですので、特徴的な部分と受け取るも事もできるでしょう。

素直な部分

年齢差というのがあるだけ、お互いに素直になりやすいという利点もあるのですが、男性のほうが年下というとより一層素直な部分を知ることが出来るでしょう。
良い意味で対等ではないという感覚を抱く場合もありますので、こうした時に可愛らしさというものを実感していただけることと思います。

心配性な人も多い

「自分よりも色々と知っている」という意識がそうさせるのか、ヤキモチを妬いたり心配性だったりという側面を持っている男性もいらっしゃいます。
こうしたものを疎ましいと感じるのではなく愛しさとして受け止める人も少なくないのです。

彼氏にするならどっち!?年下の彼氏VS年上の彼氏

彼氏が欲しいという方も多いことでしょう。
その際、誰でも良いという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
様々な希望や条件などがあると思いますが、先ず気になるのは年齢的な部分。
年上の彼氏・年下の彼氏どちらが良いかという事です。
では、恋人として関係するのであればどちらが良いのでしょうか。

年上の彼氏の魅力とは

彼氏に持つのであれば絶対に年上!という方も少なく無いでしょう。
魅力も様々あります。
例えば頼りがいがあるということです。年齢が少し上だという程度でも安心感や頼りがいを覚えるという女性も少なく無いでしょう。
また、年齢差が大きくなってくると相手に経済的な余裕が生まれやすいという魅力もあるかもしれません。
自分が甘えられる存在。それが年上男性の中にあることが多いでしょう。

年下の彼氏の魅力とは

逆に、彼氏にするのであれば年下が良いという女性も増えているようです。
その魅力とは、癒しの存在となってくれることや、自分が主導権を握りやすいという事が考えられるでしょう。
それぞれの時間やペースというものを大事にしたいと考える女性においては年齢が下の男性が良いという声も多くなるようです。
また、素直にのヤキモチを妬いたりという感情表現が可愛らしいという方もいらっしゃるようです。

年上の彼氏、年下の彼氏どちらが良いのか

答えから言うと、どちらが絶対という事は言えないかと思います。
彼氏にするにしても、先にも触れたとおりそれぞれの魅力というものがあるようです。
ただ、自分自身のタイプによってより合う方というのは出てくるでしょう。

合うタイプとは

年上の彼氏に合う女性は、甘えたい願望が強く安堵感というものを求めているタイプといえるでしょう。
一方、年下の彼氏に合う女性は、自立していて自分の意思を通したいと考えているタイプといえるでしょう。
もちろん、一概には言えませんが彼氏にするとなると最も近い異性関係となりますので、自分自身のタイプによって合う男性も変わってくるのではないでしょうか。

年齢は関係ないという人も居る

中には、基本的に年齢という枠には囚われないという方も当然ながらいらっしゃいます。
実年齢と精神年齢はまた異なってくる部分もありますので、先ずは相手としっかりとコミュニケーションをとってから決めるという方も多いのではないでしょうか。
その結果、年上の彼氏・年下の彼氏どちらを好きになる確率が高いという傾向が生まれることもあるでしょう。

年下の男性に効果抜群なアプローチの仕方

年下の男性と良い関係を築きたい。

そのように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、どのように接近したらよいのか・好印象を抱いてもらえるのかなど年齢差があるというだけで悩んでしまう場合もあるかもしれません。
ここで、効果抜群のアプローチの仕方について見ていきたいと思います。

肯定するということ

まず、基本的な姿勢としては「肯定する」というものを心がけましょう。
これが、年下男性の心を掴む効果抜群のアプローチの仕方といえるでしょう。
大きな心で許せる人・包んでくれそうな人という印象を与えることが、年上としてはしやすい環境があると思います。
ですから、先のようなスタンスでアピールしていくトと良いのです。

時には頼ろう

年上ということで、常に「少しお姉さん」でいなくてはと思う方も多いかもしれません。
しかし、それは良いアプローチの仕方とは言いにくいかと思います。
時には年下男性に甘えるという事もまた効果抜群なのです。
印象としてしっかりしているというものを抱いていても、良い意味で裏切られたという印象を与えることが出来るのです。
それが可愛らしさですとか、女性らしさを演出してくれることに繋がるでしょう。

待つという姿勢

年下男性においては、少し「自由度」を与えたほうがより効果抜群のアプローチになるという事も言えるのです。
ヤキモチや束縛心は捨てて、待つ・構えるという心構えを持っておくと良いでしょう。
それが相手の心を掴むよいアピールの仕方となっていくのです。
もちろん、耐えるというレベルである必要はありません。
帰る場所を作るという気持ちを抱いておくのがおすすめです。

目線を合わせる

年下男性を見守るような感覚を持っている女性も多いでしょう。
そうした姿勢が安らぎなどを与えることも確かですが、時折は目線を合わせる意識も必要です。
「一緒の感覚で楽しむこともできる」という姿勢を見せることが、効果抜群のアプローチの仕方ともいえるでしょう。
幼く見えてしまうのでは?と心配することもあるかもしれませんが、少女性を見せたほうが良いという場合もありますので、特に気に留める必要は無いでしょう。

比べないこと

他の男性もしくは自分と対比させないことが重要です。
中には年齢差を気にしている方もいらつしゃいますので、比べるという事で傷つけてしまう場合もあるので注意しましょう。
何気なく発した一言が悪い印象を与えてしまうこともありますので意識をしておくと安心です。

年下の男性に好かれるモテる女の恋愛テクニック

年下の男性から好かれるような女になりたい。
そのように思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
とはいえ、その方法が分からないという方もまた多いことでしょう。
ここでは、そのような男の人からモテる恋愛テクニックについて考えていきたいと思います。

基本的にはフラットで

男性のほうが年下である。という意識を女からしてみると抱きがちですが、先ず好かれるためにはこの意識をフラットに持つことがモテる恋愛テクニックということができるでしょう。
意識をしすぎてしまうことで壁をつくってしまったり、会話が進まない状況を呼び寄せたりする可能性もありますのでご注意ください。

たまには褒めよう

年下の男性というイメージから、女のほうが知識も経験も上だというものがあるかもしれません。
しかし、こうした態度をあからさまにしてしまうのはモテる恋愛テクニックとしては厳禁といえるでしょう。
時には、相手を褒めることも忘れないようにするのが好かれる方法なのです。
無理に探し出すという必要はありませんが、ちょっと気が着いた時には褒めるようにしておくと良いでしょう。

問うという事

年下の男性に比べると、自分のほうが物事を知っているという方も多いかと思います。
それは年齢差がある分当然のことかもしれませんが、全て女の判断で決めて進めることはモテることにつながりにくいのです。
「こんな経験があったのだけれどどう思う?」「こういう風にしたいのだけれどどう感じている?」などと問うというスタイルを持つことが好かれる恋愛のテクニックといえるでしょう。
自分自身の立場に立ってみても、このように聞かれたほうが心も開きやすいのではないでしょうか。

許す寛大な心

年下の男性にモテる女というものは、許す心が大きいという特徴もあるのです。
この特徴を好かれる恋愛テクニックとして活かしてみてはいかがでしょうか。
許せないという事も世の中には存在しますので、全てにおいてとは言いませんが、流せるもの・認められるものに関しては先のようなスタンスでいたほうが好感度はアップしやすいでしょう。

時にはリードを

強制的で高圧的なものではなく、上手にリードをしていくというのもまたテクニックの1つといえるでしょう。
少し難易度が高いようにも思えますが、会話の中において「穏やかさ」というものを意識していただくと、比較的に自然な流れで取り入れることが出来るのではないかと思います。